ニキビ肌を予防・改善する手段

ニキビ肌は、普段の予防がとても大切なのです。紫外線は特にニキビ肌に影響することも多いので、日焼け止めを塗ったり、さらに帽子などをかぶることも大切です。一見UVケア対策はニキビ肌に無関係な感じもするのですが、シミやシワと同じでニキビ肌にも紫外線の影響はあるのです。

ですので、外からも物理的にお肌を守ったほうがニキビをさらに予防することができます。
また、ニキビ肌に効き目があるとして知られているのがヨクイニンです。
ハトムギを原料とするヨクイニンは、肌荒れやニキビ、さらにイボなどに効果があるのです。

ですので、ハトムギであるヨクイニンを原料にした化粧品や、さらに食品などをマメに摂取しておくことは特にお勧めです。
ヨクイニンが配合されているので有名なのが、アルビオンのスキンコンディショナーです。
また、低価格コスメの中で人気の、ナチュリエのスキンコンディショナーもあります。

こちらはどちらもハトムギが配合されているお化粧品なので、ニキビ肌を予防したい方や、改善したい方にはお勧めです。
しかし、どうしても今の化粧品を変えたくない場合も、手作りの化粧品ショップでヨクイニンだけを扱っていますので、手持ちお化粧品にこれらを添加していくのもお勧めの方法なのです。

さらに、ヨクイニンサプリメントやハトムギのお茶を飲むことなども良いことです。
体の中からも、さらに綺麗になりますし、ヨクイニンには女性が悩みを持ちやすい鉄分が豊富に含まれています。
ですので、ヨクイニンを粉にしたものや、ハトムギ茶を飲んでいると貧血を改善していく効果もあります。

このように、ヨクイニンをうまく利用することで、お肌に大敵なニキビを予防したり改善したりすることができるので、是非摂取しておきたい栄養素なのです。

⇒ヨクイニン配合オルビスクリアシリーズはこちら♪

ニキビ肌を手作り化粧品で改善する

ニキビ肌のお化粧品選びは、なかなか苦労することも多いのです。
例えば、お化粧品に全成分表示があっても、それが自分の肌にどれも合っているのかわからない時があります。
ニキビ肌は、いわば炎症を起こした状態でもあります。

今使っている化粧品が合わないでニキビができることも多くあるのです。
そんな時は、手作りのお化粧品でニキビトラブルを安定させていくこともお勧めです。
ベースになる化粧水は芳香蒸留水がありますが、もっと価格が安くて手作りしたい方には薬局で売っている精製水でも大丈夫です。

さらに、香りをつけたい場合にはエッセンシャルオイルを足しても良いのです。
ニキビ肌に効果のあるのはダマスクローズやラベンダーが良いです。こちらを香りづけに入れてもいいです。
保湿剤のグリセリンかベタインなどを調合すればそれだけでも化粧水が完成します。

これに、ニキビ肌に効く有効成分を足していくのがお勧めの方法です。
ビタミンCにも様々な種類があり販売されています。
高浸透型水溶性ビタミンC誘導体(APPS)や、油溶性ビタミンC誘導体 (VC-IP)など、使い道によっても様々なビタミンCがあるので、これらを上手にお化粧品に配合していくとニキビ肌には特に有効なのです。

さらにニキビに良いとされる、アロエベラエキスなどもお勧めの成分です。
葉緑素なども配合するとニキビには良いのです。

様々な有効成分がありますが、お肌に合うもの、合わないものがあるので最初は少量の成分から試していくことです。
さらに、手作り化粧品を作る場合、その保管などにも注意しなければなりません。
天然成分である防腐剤なども入れておくのもお勧めの方法です。
クマザサエキスは、お肌にも優しく防腐剤の効果もあるのでお勧めの有効成分です。

手作り化粧品は、ホルモンのバランスなどで安定しないニキビ肌には特に有効なこともあります。
掲載されている容量や使用方法などもよく見ながら調合すれば、ニキビを改善できる一つの手段でもあるのです。

⇒お肌の秋冬対策はお済ですか?
ぴたっと吸い付く化粧水はこちら

ニキビ肌を予防する食事と改善方法

肌荒れは、実は栄養と関係していることがよくあるのです。
偏ったバランスの悪い食生活は、ニキビ肌にとってはよくありません。
では実際に、どんな食生活がバランスの良い食生活なのでしょうか。

お肉やお魚、お野菜などをバランスよく食べても、なかなかニキビが治らないことがあります。
これは、主食となる白米やパン、麺類などに栄養素が少ないことも原因の一つなのです。
もともとパンの場合は麦などが入っているものが昔は多かったですし、白米なども玄米を炊いて食べていました。

ですので、普通のバランス良い食生活をしていても、全く栄養素的には足りません。
これらを改善する為には、お米には雑穀を入れたり、さらにパンはライ麦の入ったものを選ぶとより栄養素が摂取できます。

このようなものの入った食事をしていると、ビタミン類やミネラルが増えてきて、お肌を少しづつ改善してくれます。
さらに、健康にも良いですし、ニキビの大敵である便秘なども防いでくれるのです。

また、パンの場合はイーストは天然の酵母を使ったもののほうが、お肌を改善したい場合にはお勧めなのです。
イースト菌は、天然以外のものを利用するとビタミンBを減らしてしまうのです。
ですので、なるべく天然酵母のものを選ぶことでこれらを防ぐことができます。

また、食べ物やお化粧品で摂取したいのがビタミンCです。ビタミンCは摂取してもすぐに体の中からなくなってしまいます。
ですので、定期的に補給しておくことが大切です。ビタミンCには、ニキビをできにくくしたり毛穴を綺麗にしたり、シミにも効果があるのです。

特に紫外線などを浴びてしまうと、メラニンが生成されちゃって、ニキビ肌がシミになってしまうこともあります。
その予防の為と、ニキビの改善の為にも、ビタミンCは摂取しておかなければならない栄養素の一つなのです。

⇒お肌の秋冬対策はお済ですか?
ぴたっと吸い付く化粧水はこちら

大人ニキビを改善する時のポイント

ニキビ肌は、せっかくメイクをしても綺麗にならなかったり、なかなか治らないものでもあります。
ですのでなるべきお野菜を摂取したり、食事の面を少し注意することも大事なことなのです。
実際にニキビができる原因には、太りだした時にできるニキビと、ストレスや様々な原因によってできる大人ニキビとがあります。

太りだした時にできるニキビは、痩せると収まることも多いのです。
食事面が大事なのは主にこのような思春期ニキビの場合です。
しかし、大人ニキビのほうはなかなか食事面の改善だけではニキビが収まってこないことも多くあります。

しかも、毎日お化粧をして、メイク落としもしなければならないので、なかなか治らないことも多いのです。
ニキビができてきたり、それが悪化してきたりすると、これらのメイク用品なども見直さなければならないこともあります。
皮脂を取り去りすぎる洗顔もよくありませんし、ニキビ専用と書かれているケア商品が、以外にニキビに効き目のないこともよくあることなのです。

実際にこの大人ニキビによく効くケアのひとつは、最初はあまり成分の多い化粧水をつけすぎないことから始めた方が良いのです。最近の化粧品は効果や効能が高いせいか、お肌にとって有効成分とはならずに敏感なお肌を傷つけてしまう場合も多くあります。ですので、なるべくお肌をいたわるように、成分配合の少ないものから試していくのが一番良い方法なのです。

特にフェイスラインにできるニキビや、口元の下にできてしまうニキビは、化粧品が合わないのでトラブルが起きている場合が多くあります。ですので、フェイスラインがどうしてもざらつく方や、口元がヒリヒリするようなニキビができる場合は、一回全部の化粧品を見直してみることもとても大切なことです。このような場合、敏感なお肌と同じように対処していくことが、お肌の改善を目指す一つの方法でもあるのです。

Uソーン ニキビはこちらから

化粧水のつけ方を見直してニキビを改善する

肌トラブルの中でも特に気になるのが大人ニキビなのです。
ふくらんだ質感は、メイクの美しさを損なうばかりではなく、見た目の印象まで大きく変えてしまうものです。
特にイベントの時などに大人ニキビができるのは、本当に困るものです。

ニキビの原因には様々なものがありますが、一つの大きな原因は乾燥によるものです。
お肌は、乾燥せずに皮脂を正常に分泌していれば、ニキビになることはないのです。
ですので、ニキビ肌を改善する為には保湿が一番大切なことでもあります。

夏などは、湿度が高いので乾燥は関係なく思いがちですが、紫外線の影響もあるので保湿はやはりしておいたほうが良いのです。ニキビの場合は、紫外線で後でシミが発生してしまうこともあるので注意がいるのです。

保湿の手段には、乳液やクリームなどではなく、お化粧水をたっぷりとお肌に与えることが重要です。
コットンパックは、定期的に行うとニキビの改善にもつながります。
大抵の化粧水は、コットンに500円玉程度をつけてケアしますが、ニキビ肌の場合はこれを2回くらい行うと良いです。

お肌の荒れやすい方は、コットンを使わずに手で重ねづけしていくのも効果的です。
しかし、コットンを使う場合よりやや多めに化粧水をつけることがとても大切なのです。
化粧水を手でなじませると、お肌には刺激が少ないのですが、手のひらにある程度化粧水が吸収されてしまいます。

ですので、その吸収された分も考えながら重ねづけしていくことです。
敏感なので手で重ねづけをするタイプの化粧水を購入していて、水分量が足りなくなることもよくあることです。

そんな場合は最初の一回だけはコットンでお顔をさすらないようにしてつけてみるのも良いです。
このように、化粧水のつけ方ひとつだけでもニキビ肌は予防や改善をできるので、是非とも丁寧に行っておくことが大切なのです。

オススメの化粧水の付け方
1)500円玉大をお顔全体になじませる。
ポイント1
コットンは使わずに手で500円玉大をとり、お顔を覆うようにつけます。
手のひらでパッティングします。頬が手に吸いついてくるまで続けます。

ポイント2
パッティングをする時は、バシバシと叩かずに、手の平をお顔に優しく軽く置くようにします。お肌を強く圧迫したり、こすったりすると、お肌を傷つけ、お肌の乾燥による過剰な皮脂分泌をまねいてしまいます。

2)もう一度、500円玉大をお顔全体になじませる。(必要回数回)
ポイント
さらにもう一度、500円玉大をお顔を覆うようにしてつけます。
グッと抑え込まず、目を閉じて深呼吸をして、化粧水がお肌に浸透していく様子を頭の中でイメージしながら、優しくゆっくりつけます。

※2回目以降の化粧水の量は、ご自身のお肌と相談しながら、お肌がしっとりしてくるまで、量を調整してみてください。

⇒お肌の秋冬対策はお済ですか?
ぴたっと吸い付く化粧水はこちら